FC2ブログ

子育て奮闘日記 ~看護師からの転職~

看護師になって13年、長男ナルの小学校入学を控えてドン埋まり状態に。思い切って転職しちゃいました。給料激変、営業やノルマは大変ですが、どこでも私らしく楽しく生きていくことを目標に、頑張っていきたいと思います。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

裸足でパックリ足切った

そろそろサンダルの時期になってきました。
つい先日、お買い物先での出来事です。


ナルとアヤ、お互いのサンダルを履きかえてケラケラ笑いながら歩いていました。
ナル20.5cm、アヤ18.0㎝です。


アヤの小さいサンダルを履いたナルは、つま先立ちの状態→靴が脱げ、その後裸足になって駆けだしました。


私「こら?お店の中を走らない。靴交換もダメ、裸足もダメっ!」


と、叱った後一瞬静かになりました。
その数分後、パパに抱かれてしょぼんとしたナルがやってきました。


パパ「ママ、ちょっと見てやって」


見ると、足の裏が2㎝程度パックリ切れています。何がどうなったのか(゚Д゚;)
ちょうど人差し指と中指の下、歩くときに一番当たるであろう所を縦にスッパリ。
出血はほとんどなく、表皮から少し皮下組織にかぶるかどうかの傷。
ただ、場所が悪い。歩くたびに痛むだろうこれは。
パパに抱かれて、しょぼんと元気なく車に戻っていきました。


縫うほどではないだろうと判断し、薬局へ行きましたが、
薬剤師「場所が悪いですね…一回病院に行ったほうが、痛くないように処置してもらえますよ」と。
そう言われるなら一度見せに行こうかな?と、土曜の午後にやっててよかった、小児科へ。


先生「縫うほどではないね、綺麗にして、痛くない絆創膏貼ってあげるよ」


そうして、傷をきれいに微温湯で洗い、ディオアクティブET貼付して、オプサイトで保護。
(いわゆる、キズパワーパッドみたいな張りっぱなしで数日後にキレイになる物です。普通の絆創膏よりもクッション性もあり、痛みはだいぶ軽減されると思われます。)
傷に触られたくないナルは抵抗しましたが、終わってみると「あっ歩ける(´・ω・`)」と。


これでまた、土曜日体操お休み決定(゜´Д`゜)
しばらくは「足痛いから抱っこして」でしたが、それでも一週間経たずに傷は綺麗に完治したのでよかったです。
子供ってどこで怪我するかわからないなーと思いました。





あっ、そういえば私退職しました(´∀`)
またおいおい書いていきますが、まずはブログ名を変えときました。
しばらくはこれで行こうと思います。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【 2016/06/21 (Tue) 】 病気 怪我 | TB(0) | CM(0)

ナル怪我完治!

先日、整形外科に行ってきました。
ナルの足の調子を診てもらいに行ったんですが、無事完治(*´▽`*)


三週間程度の安静で痛みは良くなったようです。

医師からは「痛みが続くようならもう一度レントゲンをと思ったのですが、この様子じゃ大丈夫みたいですね」と。

私「じゃあもういつも通りに動いていいですか?」

医師「はい大丈夫です」

私「良かった(*'▽')じゃあ、今日から運動教室通わせてもいいですか?」

医師「…お母さん、それは常識的に分かるでしょ"(-""-)"」

先生の目が笑っていなかったです…


その週はお休み、翌週から運動教室を再開しました。
結局はお月謝5000円近く支払って1回のみ。
今月も2回だけの参加になりそうです。
仕方がないことですが、お財布が痛い( ;∀;)




さて、次の週。意気揚々と運動教室に参加したナル。
ダッシュにボール運動、マットに最後は鉄棒まで嬉しそうに頑張っていました。
壁を使った逆上がりも披露してくれ、子供たちの運動能力の高さにびっくりです。


心配していた足の痛みが出ることもなく、元気に走り回っていました。


実際のところパパは運動神経抜群、半面私は誰もが認める運動音痴。
まともに逆上がりができたのは人生で一回のみ(補助器具使って)、50mは最速で9秒台っていう私に、頼むから似ないでおくれと祈るばかりです。


(そんな私も握力背筋、卓球だけは得意です♪)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
【 2016/05/19 (Thu) 】 病気 怪我 | TB(0) | CM(0)

体操教室で起こった悲劇~一回目の教室で(。-∀-)~

要求通り、体操教室に通うことなったナル。
(アヤはまだ年齢に満たないため、ナルだけです)
指折り数えて楽しみにしていました。そうして体操教室初日。



最初は初めての体操教室が嬉しかったのか、にっこにこしながら落ち着きなく動いていたナルも、運動が進むとともに真剣な表情で臨んでいました。



準備運動から初めて、ダッシュ、マット運動、跳び箱、と本格的な運動が行われていました。
運動合間の挨拶もしっかりしています!



上手に跳び箱を飛んでいて、びっくり。汗だくになりながら水分摂取。



私に向かって小さく手を振ったり、見て見てモードでしたが、甘えて駆け寄ることもなく、列を乱さず動けていることに感動しました。成長したねー。
ナル自身楽しかったようで、申し込んでよかったと思いました。





その日の夕方、お出かけした先で岩に上って遊んでいたナル。


「ママ、登って降りるときに足痛くなっちゃった」
「もうっそんなとこに上るからでしょう?大丈夫?」


転んだわけでも、飛び降りたわけでもなく、ただ岩に上って降りただけ。


この右足の痛みが…治らないんです( ;∀;)


足痛めてから3日目の保育園、お外遊びもお休みしたとのこと。
帰りにナルに聞いてみました。


「ナル、足痛いの?」
「うん、まだ痛い」
「病院行く?」
「…うん。」


これ、なんか嫌な予感(゚Д゚;)
ナルから病院行くって言うときには、本当に調子が悪い時だけです。
もう病院が閉まっている時間なので、普通に歩いているし骨は大丈夫だろうと判断し、とりあえず接骨院へ行きました。


歩くのは平気、走ることも大丈夫そう、でもつま先立ちのような動作が痛いようです、筋を痛めたのかな?と言われ、様子を見て痛みが治らないようなら再診と言われました。



そして、足を痛めて㏦目。
このころになると、右の足の甲の腫れと熱感が出てきました。
あーこれは整形外科だわと受診、レントゲンを撮ってもらいました。


医師「今のところ、骨折は見えないけど…運動教室はいつから?何してるの?」
私「始めたばかりです。跳び箱とマットと走る練習と…」


医師「今は出てないけど、疲労骨折かもしれないね」
私「疲労…骨折ですか?」


医師「子供がサッカーとかスポーツとか通ってると、たまになるんだよ。この子の痛がってる場所、ここに症状でることが多いんです。疲労骨折が疑われますね」


やけに運動教室の日程や活動内容が聞かれたのはこのせいか…
この後、安静にしているようにと言われ三日後に再診。
そこでしばらくの運動禁止令を出されました。



いや、レントゲンには映ってないので疑いって状況ですが、初期ではうつらないみたいですし、実際に痛みを訴えるので運動はできません。



『疲労骨折 足の甲』ネットで検索すれば出てくる出てくる。
 『例えば、子供が「シューズを履くと足の甲が痛い」と訴えてきたような場合は、まさしく足の甲部分に疲労骨折、もしくは疲労骨折の前兆とも呼べる炎症症状を発症している可能性が検討できる』って文献が。



足を痛めてから「きつくて痛いんだよ」って、右のシューズの靴紐を何度も何度も外していました。
「何度も外さないでよ~、もう靴紐のないシューズ履けば?」って言ってた、ごめん。



それにしても…一回の運動教室で、疲労骨折(疑い)(ノД`)・゜・。
運動禁止、きっつい!



あんなに楽しみにしてたのに、お休みすることになった体操教室と、それに伴うお月謝。
まぁ金銭的な面は仕方ないとして、体操の先生にも伝えなくちゃ。



とりあえず、カルシウム入りの牛乳やおやつ、買わないとな( ;∀;)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
【 2016/05/03 (Tue) 】 病気 怪我 | TB(0) | CM(0)

もうマジでびっくり!異空間!?

先日からナルが通っている小児歯科。
前回の記事で少し書きましたが、この小児歯科、すごいんです。



見た目はお城のような外観
ドアを開けると…まさにおとぎの国なんです。
ここまでやるのか!ってくらい。



待合室に入ると、そこには執事の格好をしたお姉さんがいらっしゃいます。
杏似の美人さんです。



その後ろ、ライオンの口から水が流れ出て、待合室の中に小川が流れています。
その小川には橋が架かっており、そこを通って二階の診察室に進みます。



壁のあちこちに小さな扉が取り付けてあり、何だか中から小人が出てきそうな空間。
部屋の真ん中にはライトアップされたテーブルが、その上には子供用のネイルセットや化粧箱が置いてあります。
子供用のドレスも5着くらい置いてありました。



絵本コーナーは一つの部屋。
壁は本棚になっており、部屋の中心にはアンティーク調のテーブルと椅子が置いてあります。
窓やカーテンもついており、素敵な空間になっています。



小川に架かった橋をわたって二階に上がると、診察室は区切られることなくすべての処置台が見渡せ、開放感に溢れています。
親も一緒に入って、手を握りながら治療を受けることができるんです。
先生の格好はそんなに違和感ないですが、歯科助手の方は皆さん、くまのポシェットをつけています。




子供には手鏡を持たせ、口の中を見ながら治療です。
ナルはワイヤー部分の消毒に週一で通うことになっています。
そのついでに検診を受けると、初期虫歯が一つ見つかりました(ーー;)



先日、その虫歯の治療を受けました。
流石に削る時には「うぇ~~~ん(´;ω;`)」と言っていましたが、暴れることはなくすんなり治療は進みました。
次回は、虫歯になりにくいようにコーティングをしてもらう予定です。
「今日はちょっとイヤかったの( ´△`)」と言いながらも、良い子だったと思います。




この国には通貨があるらしく、いい子で治療を頑張ると、先生から報酬がもらえます。
「今日は頑張ったね!3000ゼニー(仮通貨)だよ」



そのお金を持って、待合室の戻ると、射撃訓練2000ゼニー、おもちゃ3000ゼニー、ネイル1000ゼニー、お姫様変身3000ゼニーなど、それぞれ好きに使えるという徹底ぶり。



歯医者通いが嫌いではないパパは、終始ドン引き(( ̄▽ ̄;)
「ありえない…やりすぎ…」と、通院することも微妙みたい。




でも私は、歯科に対して恐怖感が強いので、こういうのもアリだと思います。
ちょっとやり過ぎ感は否めませんが、泣かずに、怖がらずに、治療を受けれるように工夫されてるんだなと感心します。




歯科助手以外に執事のお姉さんを雇うってそれだけコストがかかっていると思うし、Drの人数や混み具合を見ると間違いなく繁盛しています。
先生は治療についての説明もしてくれますし、周りの評判も上々です。




恐怖を感じる瞬間はありますが、その前後は楽しい思いをたくさんしているので、TOTALして見てみると『次も来たい』って思わせる場所なのかなって思います。
今回の治療が終わったら、かかりつけにするかどうかは分かりませんが、しばらくはお付き合いしていこうと思います。




ちなみに、次回予約をしてくれるお姉さんは…
本気のピンクのふりふりドレスを着ていました(((゜Д゜;)))




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
【 2014/05/04 (Sun) 】 病気 怪我 | TB(0) | CM(2)

三歳児、全治三週間…

ナル、全治三週間((((;゚Д゚))))


ヤッちゃいました。
怪我です。




「旦那さんから電話ですよ」
仕事中、そろそろ就業時間って時に、パパから職場へ電話がありました。



えっΣ(゚д゚;)なにごと??
職場に電話なんて初めてのことでした。



「おー、つながるものだな」
「どうしたの?」


「ナルが転んだって。顔から床にぶつかって歯茎から血が出たって」
「えっ!?」


「痛いって言うし、先生心配してるし、医者に連れてこうと思って」
「私もすぐ帰るね!!」



『口のなかの怪我って血出やすいって言うよね??』
と、思いながらもダッシュ帰宅です。



パパが近場の歯医者に行くと『今日は四時半まで』という張り紙が。
いつもの小児科に電話すると『対応できないので歯医者に行ったほうが』と。



その時点でパパと合流。
18時(´;ω;`)



藁をもすがる思いで、人気の小児歯科へ電話。
『初診さんですが、院長が診ますってことなので今から来てください』
と、受け入れてくれることになり、急いで小児歯科へ向かいました。



小児歯科の外観はお城。
中はまるでお伽話のよう。
執事さんの格好をしたお姉さんや、本気のドレスを着たお姉さんを見て、カルチャーショックを受けましたΣ(ノд<)



この話はいつか別記事で書きますね( ̄▽ ̄;)



診察台の上、アーンと口を開けるナル。
ピンセットで歯を掴んでみるドクター。



ドキドキ( ´△`)



Dr「あー左の前歯が少しグラついてますね。打撲です」
と言いながら先生はワイヤーを、丁度よい長さにパッチンパッチンと切っています。



Dr「このままぐらつかせて神経を傷つけると、歯が死んでしまって黒くなっちゃいます。ので固定しますね」


マジっすか・・・(;´Д`)


そういうわけで、ナルの前歯四本はワイヤーとボンドで固定されちゃいました。
泣かずに治療を受けたナルは、偉い!!



Dr「怪我から受診までが早かったので、神経は無事だと思いますよ」



と、言われて帰宅。
ナルは一滴も涙を流さずに、良い子だったんですが…
ご飯の時には「これ外してー!!ナルさっきの場所嫌いー!!」と叫び散らしていました。




翌日、消毒のため、またお城に入城しました。
「これ取ってもらえるかな?」と言いながら診察室に入るナル。



私「固定ってどれ位ですか?」
Dr「ん?三週間です」



結構長いのね( TДT)
日が経つと共に固定に慣れてきたのと、診察で泣かないのが不幸中の幸いです。




口の怪我、全くもって軽くみてました。
「あー大丈夫(^-^)」って言われると思ってたのに…





ちなみに、
「転ぶときに手をつかなかったの?(・・;)」
「普通、手、前にでない?(゜〇゜;)」
「運動音痴なの?( ̄▽ ̄;)」
とのお言葉を周囲から頂きましたが…



違うんです!



先生とお友だちのもとに、ハイタッチしようと、両手を頭上にかかげ、踊りながら駆け寄って、転んだそうです。



そりゃ手が出ないわけですよ!
って、運痴って言うよりお馬鹿だわ(。-∀-)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
【 2014/04/27 (Sun) 】 病気 怪我 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

Author:なるまま
2児の母。新卒から看護師をしており天職だと思っていましたが、長男の小学校入学を目前に思い立って転職を決意。真面目ですが、手を抜く所はしっかり抜きます。


パパ
B型マイペースのわりに時間期限厳守。子供を叱るのはパパの役目、甘えさせるのは私の役目にしたいのですが、ついつい私が先に口出しちゃいます。


ナル
長男6歳。最近生意気なことも言うようになってきてます。天然パーマのやんちゃで甘えん坊な長男。


アヤ
4歳にして女。可愛いものが大好き。最近にぃに→お兄ちゃんに呼び方が変わってきて、なんだか少し寂しい。「にぃに♥」可愛かったのになー。


あーちゃん
自分のことを『ばーちゃん』と呼ばれることを拒否し『ば』を抜いて『あーちゃん』と呼ばせている。バリバリ働く自由人。


ジジ
あーちゃんと再婚し、早10数年。大工さん。ナルアヤをすごく可愛がってくれる。私やパパにも優しい。時に気性の荒い一面も。


大ババ
ナルアヤLOVEの80すぎの大ババ。愛情はたっぷりだがかなり口うるさい。


さとちゃん
なるままの妹。最近結婚して人妻になって母親に。自由人。




にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


ご訪問ありがとうございます。
もし『あっあの人かも?』とお気づきになられた場合には、本人にそっとご確認ください。


無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
カウンター
検索フォーム
転職するなら